独立して成功するために必要なこと

IT業界で働いている人であれば「独立」について、一度は意識したことがあるのではないでしょうか。
企業に勤めるのではなく、フリーランスの技術者として働くのは、IT技術者の憧れであり、目標でもあると思います。

企業に勤めていれば給料や福利厚生などは安定します。しかし、仕事はなかなか選べず、自分のやりたいことが出来ずにどんどん遠ざかっていく場合もあります。雇われている間は会社にとっての利益が一番であり、それが自分の利益にならなくても、むしろマイナスになっても仕事とあらばやらなくてはなりません。
こういった経験も、社会人として有効な経験だと思います。しかしIT業界で長く働くつもりなのであれば、独立は自然と選択肢に入ってきます。
独立するということは、言わずもがな自分だけが頼りになります。自分の能力、技術、そして人柄が重視されます。
これらが全て揃っていれば、あとは努力次第でやっていけることでしょう。しかし、これらが揃っていない状態では何も出来ない可能性もあります。
仕事を選び、いくらで引き受けるかは全てこれらにかかっているので、能力も技術もないのに他の人や会社より高く仕事を受注は出来るはずがありません。安い値段で仕事を引き受け、数頼みで稼ぐやり方であれば独立するメリットがあまり無いように思えますし、それならば会社員をしていたほうがいいかもしれません。

自分の中で売り込める強みがある部分を、若いうちから伸ばす意識をしつつ仕事をすることが必要だと思います。
もちろん会社員として会社を支える役員になるという選択肢もありますが、昇進するにも能力や人柄はやはり重視されるので、磨きをかけていきましょう。
企業から好まれる人柄が最終的に、携わりたい開発案件や仕事に直結するのだと思います。同スキルをもった二人があたら、最後は人柄で決まるといっても過言ではないのです。